多くの事務用機器が販売されていますが、その中でも最も需要が高い物にコピー機があります。特に印刷業務をされている企業には必需品となっており、新しく購入される場合は慎重に選ぶ必要があります。コピー機を購入する際の選び方として、本体を選ぶ前に月間印刷枚数を調べておく事が大切です。月にどれ程の印刷物があるのか、という事を把握しておかなければ機能が足りなかったり、逆にオーバースペックとなってしまうケースもあります。月間印刷枚数が明確になったら、印刷速度、耐久性、利便性そして価格などを中心に見て比較していきましょう。特に印刷速度の違いによってコピー機は値段が異なってきます。比べる際に便利なのがインターネットの比較サイトです。多くのメーカーの最新機種を一度に見る事ができ、尚且つそれぞれの良し悪しを調べる事が出来ます。

コピー機を設置している店舗のこと

現在コンビニやスーパーマーケットなどの店舗にコピー機の本体機器を設置しているところが非常に多い印象がありますが、店舗を経営しているオーナーや店長の考えにより、本体機器を設置していない店舗も存在するため、コピー機を利用する場合は予め店舗を訪れ本体機器を設置している店舗かを確認することが大切です。万が一店舗に本体機器が設置していない場合には、働いている店員の人達にどこの店舗に設置しているかを尋ねれば、丁寧に教えてくれる可能性があるため、店員の方に直接聞く必要があります。現在自宅に複合機などのプリンターを購入し、自宅で必要とする書類をコピーする人たちが年々多くなっているため、時代の流れと共にコピー機を利用する人たちも少なくなっている印象がありますが、今でも必要とする人たちも数多く存在するので、コンビニやスーパーマーケットなどの店舗では需要を考え設置し続ける店舗も存在します。

コピー機はまず利用枚数を把握してから検討を

オフィスのコピー機はリースで済ませているところも多いです。今は借りられる業者も多いですし、機種も様々でどれを選んでいいか分からないと頭を悩ませることもあるでしょう。まずはオフィスでどれくらいコピー機を利用するか把握するのが先決です。いちいち数えるのではなく、一日当たりで把握してそれに営業日数をかけると簡単です。一日あたり何枚コピーを取るか、何枚ファックスを受信するか、何枚パソコンからのプリントアウトをするか、すべて足してそれに月間の営業日数をかけると、オフィスでひと月あたり何枚使うかが分かります。ひと月に500枚以下ほどの少ないオフィスなら、一枚当たりのコストは高くてもリース料の安い機種を借りるといいでしょう。逆に、ひと月5000枚以上ならリース料自体は高くても一枚当たりのコストがなるべく安いものがおすすめです。