現在のコピー機は非常に機能が多く備わっていますため、コピーだけという機械はほとんどありません。オフィスに導入する時には、コピー、ファックス、スキャナーなどの機能が備わった複合機になります。また、ネットワークに接続されてます。非常に多機能ですので大きさとしては洗濯機ほどになります。購入するとしたら非常に高いので、多くの会社はリース、レンタルか購入か検討します。短期に利用するならば、レンタルがいいでしょう。複合機の進化はすさまじい勢いで進化してますし、その進化の過程でコストパフォーマンスが大きく変化してます。月々のランニングコストを気にするのであれば、リースがお勧めです。購入するなら月々の費用は発生しませんが、複合機の寿命が5年と言われてますが、寿命よりもコスト的な面、機能的な面から購入よりもリースがお勧めです。

コピー機の歴史とカラーコピーの仕組み

コピー機は主に原稿や本、書類の控えとして使う複写機です。最初に事務で使われる様になったのは1779年に発明されてからでした。当初は薄い紙にインクが裏まで染みこみやすくして文章が書かれた紙から別の紙に内容を転写する方法が取られていました。このコピー機は大成功を収めその後も需要が高まり、20世紀まで利用されていました。現在では同じ物を同じサイズで複写するだけではなく、拡大、縮小も可能になりました。また、カラーコピーの登場により被写体が持つ細部の鮮やかな色も出せる様になりましたので、日常生活で残しておきたい写真等もコピーしておけます。カラーコピーの仕組みは、普通のコピー機の様に複写したい紙に光を当てコピーするだけではなくカラーフィルターを通して色の三原色に分解して信号化にします。分解された信号は更にコンピューターを通してより細かい色の分解をします。

コピー機の情報をビジネスソフト用のファイル変換

ビジネスでよく使われるソフトとして、ワープロと表計算があります。文書を見やすく配置できるのがワープロで、表やグラフなどをわかりやすく表示できるのが表計算です。それぞれのソフトを使ってプリントをして、配布することもあるでしょう。コピー機の基本的な機能は、用紙に印刷された内容をそのまま別の用紙に印刷することです。サーバなどに保存するときも、文字データなどではなく、イメージデータとして保存されることになります。しかし、その内容を修正したいこともあるでしょう。ある機械では、スキャニングした情報を元に、ビジネスソフト用のファイルに変換して保存をしてくれます。ワープロで作成したものなら、ワープロのファイルに変換してくれます。原本をもらうことなく、コピーから作ったファイルで修正が可能になります。表計算も同じ仕組みでファイルに変換してくれます。